Skip to content

強化ガラスを切断するレーザースクライブ装置

強化ガラスを切断するレーザースクライブ装置

ガラスというものは昔に比べると生活の中での接点が格段に増えています。

子供の頃は、ガラスと言えば窓ガラスとガラスコップ程度しかなかったのですが、今では大型テレビの画面やスマートフォン、タブレットPCの画面などに採用されとても身近なものとして接しています。

しかもそのガラスは簡単には割れる事の無い強化されたガラスで使用する側の安全性も図られています。

この強化ガラスの切断には新技術としてレーザースクライブと言う技術が関わっています。

通常ガラスは高温の熱を加えたり急激に冷やしたりすると割れてしまう事があります。

しかし、レーザー光線と言う技術を使用してガラスの特性を上手に利用する事で、強化ガラスの切断も簡単にできるようになりました。

しかも今まで不可能であった鏡面切断も実現しています。

レーザースクライブ装置はガラスの切断やその後のガラス屑の清掃をとても楽にしてくれただけでなく時間のかかった研磨作業も不要にしてくれました。

強化ガラスを使った新しい製品は今後私達の生活により接点が増えて密接に関わってくると思われます。

安全で安心して使用できる強化ガラスを使った新製品を楽しみにしています。

レーザースクライブの特徴

エジプトのピラミッドは当時の技術としては考えられない程高度な技術で造られていると言われています。

遠く離れた石の切り出し場から石を運んだ技術も凄い事ですが、それよりも均一に切断された石はどの様にして切られたのか、その解明にはいろいろな説があります。

その一つとして高温と低温の熱変化による切断方法の可能性も語られています。

これは私達の生活環境で接する事のある現象で、ガラスコップを急激に冷やしたり熱を加えたりすると割れてしまう事です。

誰でも一度は経験した事があると思います。

今、工場ではガラスの切断にこの現象を用いた新技術を導入しています。

それがレーザースクライブと言う技術です。

これは超薄型のガラスや強化されたガラスの切断に使用する技術で、この技術革新はスマートフォンのタッチ画面で生活には密接に関係している事が分かると思います。

初めてスマートフォンを手にした時、そのタッチ画面がガラスであると分かると誰もがその取扱いにはとても慎重だったと思います。

しかし、少し使用に慣れてきてふと気づくと結構手荒な扱いをしている事もあると思います。

あるいは、うっかり落とした事も経験あると思います。

でも画面が簡単に割れる事は無く強化ガラスの耐久性に感心したはずです。

レーザースクライブ装置について調べるならこのサイト!

この強化ガラスを決められたサイズに瞬時に切断するのがレーザースクライブ装置です。

Categories: .